PDA

View Full Version : yaponchi hewer (hitay dohturu tirik ademning ezasini satdigan ademge pul tolep



Unregistered
03-10-09, 20:48
臓器狩りで初の医師の逮捕、当局は報道禁止=中国


--------------------------------------------------------------------------------
【大紀元日本9月23日】中国の「財経」経済専門誌は8月31日、「臓器はどこから」という報道で、西南部 の貴州省で起きた臓器狩り事件を伝えた。35歳のホームレス1人が殺害され、すべての臓器が取られて、遺体 がダムに遺棄された。この事件に関与した広州市中山大学第三附属病院肝臓移植センターの3人の医師が逮捕さ れたという。

 報道後、「財経」誌は当局に取り調べの処罰を受けており、関連の報道を一切禁じると中共中央宣伝部が国内 メディアに伝えた。この事件に関するインターネット上の書き込みも随時削除されている。

 医師たちは30万元で臓器を買い取り

 同事件を最初に伝えたのは、中国国内の「臓器移植ネット」。その7月22日の報道によると、広州市の中山 大学第三附属病院の3人の医師が6月15日貴州省に入り、臓器の闇取引を行なう現地の売人と接触し、ある死 者のすべての臓器を買い取った。後に、警察が捜査した結果、死者は現地の35歳の男性ホームレスであること が判明した。

 報道によれば、3人の医師はこの売人に30万元(約400万円)を支払った。同病院の主要幹部は現在、事 情聴取を受けている。3人の医師は殺人関与の容疑で逮捕されたという。

 「財経」誌はその後現地に入り、この事件について深くスクープした。「財経」誌の報道によると、同事件は 8月末開催された臓器移植用のドナー制度推進の会議で、公開された。中国衛生部の黄潔夫・副部長は、記者会 見で同事件の存在を否認せず、「記者が捏造したことではないと思う」と話した。更に、「財経」の取材で、臓 器移植に「不法現象」の存在を認め、臓器移植管理の強化を強調した。

 当局は事件に関する報道を厳しく規制

 雑誌「財経」が事件を報道した直後、中共中央宣伝部は国内メディアに、この事件に関する一切の報道を禁じ ると伝えた。この事件に関するインターネット上の書き込みも随時削除されている。

 弊紙記者は広州市中山大学第三附属病院の関係部門と、関係する個人に電話取材を申し込んだが、すべて断ら れた。

 中央宣伝部の内部事情に詳しい情報筋は、大紀元記者にこのように話した:「臓器狩りに関する報道は間違い なく禁じられる。これは法輪功の問題に関わっているからだ。今、すでに国際社会に広く知られているが、中共 当局は法輪功学習者の臓器を狩って売買している。このような報道は、法輪功学習者の臓器狩りの問題を連想さ せることになり、海外のメディアも関連報道を行なうことになりかねない。だから、中央宣伝部はこの報道に対 して、とても怒っており、すぐに禁令を出した」と話した。

 北京在住のベテラン記者、自由派メディア人高瑜氏は、中央宣伝部の禁止令について、臓器狩り話題自体はタ ブーであるほか、政権60周年のためにメディア統制の強化でもあると分析した。

 膨大な臓器移植の数、臓器の提供源に説明つかず

 今年8月末に開かれた中国臓器移植専門家会議では、中国において、これまでの腎臓、肝臓などの臓器移植の 総数は10万551件に達していると公表された。一方、中国国内において2003年から今年5月までの6年 間で、本人の遺志で臓器を提供したドナーは、わずか130人に留まっていることも公表されている。臓器提供 源について、衛生部の黄潔夫・副部長は、65%は死刑囚からの提供であると説明しているが、中国当局の公表 によれば、2000年から2005年までに処刑されたのは9696人である。これらの囚人の臓器が全部移植 用に提供されたとしても、実際に患者に適合し移植できるのは200から1000例しかないはずだと言われて いる。

 10万例以上の移植の提供源はどこからなのか。カナダの国際人権弁護士デービッド・マタス氏とカナダ外務 省前アジア太平洋州局長デービッド・キルガー氏は2006年に行なった独立調査で、中国では臓器売買のため に、法輪功学習者に対する「臓器狩り」が行なわれていることを明らかにした。公表された調査報告書によると 、法輪功学習者への弾圧が始まった1999年以降、中国では臓器移植件数が急激に伸び、2001年から20 05年までの臓器移植件数のうち、4万1500件の臓器の出所は不明としている。同報告書は、33項目の証 拠を挙げて、法輪功学習者が臓器売買の犠牲者になっていると指摘している。


(記者・李真、翻訳編集・叶子)

Unregistered
03-10-09, 20:50
Epoch Times September 23 [Japan] in China, "Finance and Economics," economic magazine on August 31, "where organs" in the report that reported the incident that occurred in organ hunting in southwestern Guizhou Province. 1 year 35 homeless people were killed, all organs are taken, the body was abandoned in the dam. Liver Transplantation Center, Third Affiliated Hospital of Zhongshan University in Guangzhou was involved in the case that three doctors were arrested.

After the report, "Finance and Economics," Journal of the punishment has been questioned by authorities, according to the Propaganda Department of the CPC Central Committee and national media reports related to any ban. Are removed from time to time on the Internet and write about this incident.

Doctors bought the organ in 30 million yuan

The first reported incident, in China "Organ Transplant Network." July 22nd and the Sun, according to reports, the Third Affiliated Hospital of Zhongshan University in Guangzhou, the three doctors who entered the June 15 Sun Guizhou Province, and make contact with local dealers on the black market for organs, death and bought all of the organs. Later, the result of police investigation, was found dead in a local 35-year-old to be homeless.

According to reports, three doctors who are selling the drug for 30 million yuan (about 400 million) paid. A key official at the hospital is currently under investigation and information thing. Doctors said three of the men involved were arrested on suspicion of murder.

"Finance" magazine has entered the field and then broke deep into the incident. "Finance" magazine, according to reports, this case is 8 meeting for the promotion of organ donor system was held the end of the public. Huang Jie, vice director of the Ministry of Health of China husband does not deny the existence of the incident reported in the press, "the fake reporter that I do not think," he said. Furthermore, "Finance and Economics," in an interview, a portable instrument serous "illegal behavior" observed the existence of emphasizing the strengthening of organ transplants.

The authorities tightly controlled the media about the case

Magazine "Finance", reported the incident immediately, the Propaganda Department of the CPC Central Committee is the national media reported on Ru prohibits any reports of this incident. Are removed from time to time on the Internet and write about this incident.

弊紙press relations department and the Third Affiliated Hospital of Zhongshan University in Guangzhou, has applied for a telephone interview the individuals concerned were all rejected.

Source familiar with the Central Propaganda Department's internal affairs, told reporters this Epoch Times: "press organs would be prohibited from hunting for sure. This is because the issues involved in Falun Gong. Now, the international community has already is widely known, the authorities in mainland China has been buying and selling organs from Falun Gong practitioners hunting. These reports, it becomes reminiscent of hunting issues organs from Falun Gong practitioners, the International could be related to media reports do. So, against the Central Propaganda Department is to report, and very angry, immediately issued a ban, "he said.

Veteran journalist based in Beijing, who瑜氏high school media freedom, the Central Propaganda Department about the ban, but other organs are subject hunting boot data, analyzed 60 government and media control is also enhanced for years.

A large number of organ transplants, organs provide a source explained without taking

In August this year China expert meeting was held at the end of organ transplants in China, which kidney, liver and other organ transplants is the total number of 100,551 was announced that the results reached. Meanwhile, in five years in China from 2003 until June this year between the years, provided the organ donor's own bequest, only 130 have also been announced that people staying. Source for organ donation, her deputy director of the Ministry of Health Huang Jie, 65% was explained that from the provision of death, according to the publication of the Chinese government, were executed from 2000 to the year 2005 of Ta is 9696 people. As provided to all the organs of prisoners for transplants, these patients can be transplanted in fact conform to 200-1000 is said that perhaps there is only an example.

Provision of portable source of more than 10 million cases of what from? Secretary of state before the Asia-Pacific David Kilgour and Canadian Ministry of Foreign Affairs Canada's international human rights lawyer David Matas is a 2006 independent survey was conducted, for the organ trade in China, Falun Gong practitioners to "hunt" organ that said that being done. According to the report was released, started the crackdown on Falun Gong since 1999, China has grown rapidly in the number of organ transplants from 2001 to 20 May of the year the number of organ transplants, 41.5 thousand source of all organs has been unknown. The report, proof of 33 bases cited articles have pointed out that the organ trade has become a victim of Falun Gong.


(Ri Makoto conference, translation and editing child Kano)


臓器狩りで初の医師の逮捕、当局は報道禁止=中国


--------------------------------------------------------------------------------
【大紀元日本9月23日】中国の「財経」経済専門誌は8月31日、「臓器はどこから」という報道で、西南部 の貴州省で起きた臓器狩り事件を伝えた。35歳のホームレス1人が殺害され、すべての臓器が取られて、遺体 がダムに遺棄された。この事件に関与した広州市中山大学第三附属病院肝臓移植センターの3人の医師が逮捕さ れたという。

 報道後、「財経」誌は当局に取り調べの処罰を受けており、関連の報道を一切禁じると中共中央宣伝部が国内 メディアに伝えた。この事件に関するインターネット上の書き込みも随時削除されている。

 医師たちは30万元で臓器を買い取り

 同事件を最初に伝えたのは、中国国内の「臓器移植ネット」。その7月22日の報道によると、広州市の中山 大学第三附属病院の3人の医師が6月15日貴州省に入り、臓器の闇取引を行なう現地の売人と接触し、ある死 者のすべての臓器を買い取った。後に、警察が捜査した結果、死者は現地の35歳の男性ホームレスであること が判明した。

 報道によれば、3人の医師はこの売人に30万元(約400万円)を支払った。同病院の主要幹部は現在、事 情聴取を受けている。3人の医師は殺人関与の容疑で逮捕されたという。

 「財経」誌はその後現地に入り、この事件について深くスクープした。「財経」誌の報道によると、同事件は 8月末開催された臓器移植用のドナー制度推進の会議で、公開された。中国衛生部の黄潔夫・副部長は、記者会 見で同事件の存在を否認せず、「記者が捏造したことではないと思う」と話した。更に、「財経」の取材で、臓 器移植に「不法現象」の存在を認め、臓器移植管理の強化を強調した。

 当局は事件に関する報道を厳しく規制

 雑誌「財経」が事件を報道した直後、中共中央宣伝部は国内メディアに、この事件に関する一切の報道を禁じ ると伝えた。この事件に関するインターネット上の書き込みも随時削除されている。

 弊紙記者は広州市中山大学第三附属病院の関係部門と、関係する個人に電話取材を申し込んだが、すべて断ら れた。

 中央宣伝部の内部事情に詳しい情報筋は、大紀元記者にこのように話した:「臓器狩りに関する報道は間違い なく禁じられる。これは法輪功の問題に関わっているからだ。今、すでに国際社会に広く知られているが、中共 当局は法輪功学習者の臓器を狩って売買している。このような報道は、法輪功学習者の臓器狩りの問題を連想さ せることになり、海外のメディアも関連報道を行なうことになりかねない。だから、中央宣伝部はこの報道に対 して、とても怒っており、すぐに禁令を出した」と話した。

 北京在住のベテラン記者、自由派メディア人高瑜氏は、中央宣伝部の禁止令について、臓器狩り話題自体はタ ブーであるほか、政権60周年のためにメディア統制の強化でもあると分析した。

 膨大な臓器移植の数、臓器の提供源に説明つかず

 今年8月末に開かれた中国臓器移植専門家会議では、中国において、これまでの腎臓、肝臓などの臓器移植の 総数は10万551件に達していると公表された。一方、中国国内において2003年から今年5月までの6年 間で、本人の遺志で臓器を提供したドナーは、わずか130人に留まっていることも公表されている。臓器提供 源について、衛生部の黄潔夫・副部長は、65%は死刑囚からの提供であると説明しているが、中国当局の公表 によれば、2000年から2005年までに処刑されたのは9696人である。これらの囚人の臓器が全部移植 用に提供されたとしても、実際に患者に適合し移植できるのは200から1000例しかないはずだと言われて いる。

 10万例以上の移植の提供源はどこからなのか。カナダの国際人権弁護士デービッド・マタス氏とカナダ外務 省前アジア太平洋州局長デービッド・キルガー氏は2006年に行なった独立調査で、中国では臓器売買のため に、法輪功学習者に対する「臓器狩り」が行なわれていることを明らかにした。公表された調査報告書によると 、法輪功学習者への弾圧が始まった1999年以降、中国では臓器移植件数が急激に伸び、2001年から20 05年までの臓器移植件数のうち、4万1500件の臓器の出所は不明としている。同報告書は、33項目の証 拠を挙げて、法輪功学習者が臓器売買の犠牲者になっていると指摘している。


(記者・李真、翻訳編集・叶子)

Unregistered
03-10-09, 20:54
oz militige kilgan wapa mushu,ularni kogdaydigan saqchiliri bar,emma kembigel
uyghurlar chu,bundaq ziyankeshiliktin qanchilik uchurgandu?




臓器狩りで初の医師の逮捕、当局は報道禁止=中国


--------------------------------------------------------------------------------
【大紀元日本9月23日】中国の「財経」経済専門誌は8月31日、「臓器はどこから」という報道で、西南部 の貴州省で起きた臓器狩り事件を伝えた。35歳のホームレス1人が殺害され、すべての臓器が取られて、遺体 がダムに遺棄された。この事件に関与した広州市中山大学第三附属病院肝臓移植センターの3人の医師が逮捕さ れたという。

 報道後、「財経」誌は当局に取り調べの処罰を受けており、関連の報道を一切禁じると中共中央宣伝部が国内 メディアに伝えた。この事件に関するインターネット上の書き込みも随時削除されている。

 医師たちは30万元で臓器を買い取り

 同事件を最初に伝えたのは、中国国内の「臓器移植ネット」。その7月22日の報道によると、広州市の中山 大学第三附属病院の3人の医師が6月15日貴州省に入り、臓器の闇取引を行なう現地の売人と接触し、ある死 者のすべての臓器を買い取った。後に、警察が捜査した結果、死者は現地の35歳の男性ホームレスであること が判明した。

 報道によれば、3人の医師はこの売人に30万元(約400万円)を支払った。同病院の主要幹部は現在、事 情聴取を受けている。3人の医師は殺人関与の容疑で逮捕されたという。

 「財経」誌はその後現地に入り、この事件について深くスクープした。「財経」誌の報道によると、同事件は 8月末開催された臓器移植用のドナー制度推進の会議で、公開された。中国衛生部の黄潔夫・副部長は、記者会 見で同事件の存在を否認せず、「記者が捏造したことではないと思う」と話した。更に、「財経」の取材で、臓 器移植に「不法現象」の存在を認め、臓器移植管理の強化を強調した。

 当局は事件に関する報道を厳しく規制

 雑誌「財経」が事件を報道した直後、中共中央宣伝部は国内メディアに、この事件に関する一切の報道を禁じ ると伝えた。この事件に関するインターネット上の書き込みも随時削除されている。

 弊紙記者は広州市中山大学第三附属病院の関係部門と、関係する個人に電話取材を申し込んだが、すべて断ら れた。

 中央宣伝部の内部事情に詳しい情報筋は、大紀元記者にこのように話した:「臓器狩りに関する報道は間違い なく禁じられる。これは法輪功の問題に関わっているからだ。今、すでに国際社会に広く知られているが、中共 当局は法輪功学習者の臓器を狩って売買している。このような報道は、法輪功学習者の臓器狩りの問題を連想さ せることになり、海外のメディアも関連報道を行なうことになりかねない。だから、中央宣伝部はこの報道に対 して、とても怒っており、すぐに禁令を出した」と話した。

 北京在住のベテラン記者、自由派メディア人高瑜氏は、中央宣伝部の禁止令について、臓器狩り話題自体はタ ブーであるほか、政権60周年のためにメディア統制の強化でもあると分析した。

 膨大な臓器移植の数、臓器の提供源に説明つかず

 今年8月末に開かれた中国臓器移植専門家会議では、中国において、これまでの腎臓、肝臓などの臓器移植の 総数は10万551件に達していると公表された。一方、中国国内において2003年から今年5月までの6年 間で、本人の遺志で臓器を提供したドナーは、わずか130人に留まっていることも公表されている。臓器提供 源について、衛生部の黄潔夫・副部長は、65%は死刑囚からの提供であると説明しているが、中国当局の公表 によれば、2000年から2005年までに処刑されたのは9696人である。これらの囚人の臓器が全部移植 用に提供されたとしても、実際に患者に適合し移植できるのは200から1000例しかないはずだと言われて いる。

 10万例以上の移植の提供源はどこからなのか。カナダの国際人権弁護士デービッド・マタス氏とカナダ外務 省前アジア太平洋州局長デービッド・キルガー氏は2006年に行なった独立調査で、中国では臓器売買のため に、法輪功学習者に対する「臓器狩り」が行なわれていることを明らかにした。公表された調査報告書によると 、法輪功学習者への弾圧が始まった1999年以降、中国では臓器移植件数が急激に伸び、2001年から20 05年までの臓器移植件数のうち、4万1500件の臓器の出所は不明としている。同報告書は、33項目の証 拠を挙げて、法輪功学習者が臓器売買の犠牲者になっていると指摘している。


(記者・李真、翻訳編集・叶子)